sIMG_3004
tape

特別な器たち

2015.05.28 | GOODS

以前に九谷焼のことを書きましたが、今回は北欧の古い器たちのお話です。

7〜8年くらい前でしょうか、北欧のヴィンテージ食器が好きで集めていた時期がありました。

今ではだいぶ手放してしまったけど、お気に入りのものや思い入れの深いものは大切に手元に残してます。

ひとりで北欧を旅したとき、アンティークショップや蚤の市で出会い、大切に持ち帰ってきたグスタフスベリのスピサリブやベルサのお皿。

お小遣いの中で少しずつ買い集めた、アグネッタやエリーナ。

前職でバイヤーをしていた「北欧、暮らしの道具店」に出会うきっかけとなってくれたロールストランド・ブルーアネモンのお皿。

どれもたくさんの思い出が詰まった特別な器たち。

ちょっと大袈裟かもしれないけれど、この器たちとの出会いが色々な意味で転機だった気がします。いま雑貨やインテリアの仕事をしているのも、この子達のおかげかな。

私は割とモノを手放すタイプですが、この器たちだけはずっと手元においておきたい。

そしていつかおばあちゃんになった時、できれば子供達やそのまた子供達に受け継いでもらえたらなぁ。なんて思います。

 

Share on Facebook

SIMILAR POSTS

© MONO COTO SCRAP All RIGHTS RESERVED.

トップへもどる